東洋医学ダイエット

太りやすくなった?いつもの食事にプラスすると代謝が上がる食べ物

こんにちは、Ellyです!

今日のテーマは「いつもの食事にプラスすると代謝が上がる食べ物」です。

「Ellyさんはいつもどんなお食事をされているんですか?」

というご質問をよくいただきます。そこで、今日はEllyがほぼ毎日食べていて、確実にダイエット、代謝アップ・美容につながった食べ物を紹介していこうと思います。

 

結論的からいうと

お味噌汁です

これは、本当に毎日食べています。

今回の記事でわかること

・日本人が毎日食べてほしい!「味噌汁の効果」

・代謝を爆上げする味噌汁の食べ方

この記事では、きっと今日からあなたも「お味噌汁飲まなきゃ損!」そんな気分になっちゃうこと間違いなしです!

味噌汁を食事プラスする効果

お味噌汁を食事にプラスすると嬉しい効果はいっぱいあります。

①内臓の基礎代謝が上がるから

実は人間の基礎代謝の3割を占めるのが「内臓の基礎代謝」

特に消化器官(胃・腸・肝臓)の基礎代謝量は多く、主に食べ物を消化・吸収させることです。食べ物が通る順番は「胃→腸・肝臓」です。

 

汁物は「消化器官」を温める

消化の第1ステップの「胃と脾(膵臓)」は、温められると消化酵素がたくさん出ます。つまり、消化機能が上がるということです。

消化機能とは、口から取り込んだ飲食物を消化して、その栄養素から「気血水」(東洋医学で「体のつくる三大要素」)を作り出すこと。

消化機能のアップは「基礎代謝のアップ」に直結するのです。

逆に、冷たいものを食べて、お腹の調子が悪くなるのは、消化器官が冷やされて働きが悪くなったからといえますね。

生野菜より、加熱した野菜が「消化に良い」といわれるのもそれが理由です。

 

柔らかい具材は消化の負担を減らす

日本人の消化機能は、全世界的に見ても、弱い傾向があります。火を通して柔らかくしたものは、分解されやすく消化に負担がかからなくなります。

 

具だくさん味噌汁でお腹いっぱい

加熱した野菜は、思ったよりたくさん食べられますよね。お腹いっぱいになって、「おかず」の食べすぎも防げます。

(私は8割方、ご飯(玄米)とお味噌汁でお腹いっぱいになってしまいます・・・。)

さらに食事できちんと満たされると、間食の誘惑にも負けない体に近づきますね。

②味噌は発酵食品だから

これはもう「耳タコワード」かもしれませんね!

しかし!!腸はめちゃくちゃ大切です!

 

必要な栄養を取り込むリズムを整える

分解された栄養素は「筋肉・髪・皮膚・細胞」の材料になるため、腸で吸収されます。また吸収されたものは「動くエネルギー」の原料になるわけです。

動くエネルギー=気(東洋医学)=自律神経=基礎代謝

余分な水分・老廃物を排出する

腸は「排泄」も担っていますね。腸が整っていれば、余分な水分や老廃物をためこむことがないので「むくみ」「固太り(脂肪)」も防ぐことができます。

また、老廃物の一部である「アレルギー物質」の蓄積を抑えることができます。

肌荒れ(アトピー)・花粉症・喘息

などは、腸の機能を上げることで改善しやすいと言われています。

 

腸を整えるとストレス太りが減る

実は「腸と脳」はつながっています。「腸脳相関」という言葉でも知られていますね。

・ストレスでお腹が痛くなる

・腸内環境が悪くてストレス・精神不安がおきる

また、「ストレス太り(気滞)」は「セロトニン」というリラックスホルモンの分泌量が少ないと言われています。セロトニンの9割が腸で作られるのは有名な話ですね。

 

覚えておきたい「同類相補」

東洋医学では「臓器にの形に似た食べ物は、その臓器の機能を上げる」と言われています

腸・脳→くるみ・味噌(脳みそ)

肺→れんこん(穴があいてる)

腎臓→豆類(形や色:黒豆)

心臓→トマト(そのままやん!)

たしかに、腸と脳ってぐねぐねした形が似てますよね。

昔の人はどうやってこれに気づいたのか??歴史の深さを感じます!

 

味噌汁の痩せる食べ方

カラダに良いお味噌汁も「どんな食べ方でも効果がある」というわけではありません。

「お腹を温める・お腹いっぱいになる」という面においては、インスタントでも飲まないよりいいので、諦めずに飲んでくださいね!

ここからは効果的な食べ方ご紹介します。

味噌の選び方

発酵がきちんと進んでいるもの

お味噌は「発酵が進行中のもの」を選びたいですね!

味噌を選ぶならここをチェック

空気穴が空いている(発酵するには空気の出し入れが必要)

酒精が入っていない(発酵を止める添加物)

※「無添加」の記載があるものがおすすめ

 

 

麦味噌か?米味噌か?

原材料によって「麦味噌」「米味噌」がありますね。地域性や個人の好みが大きいので、お好きなもので良いと思います。

私も気分や季節によって使い分けていますよ!

 

■麦味噌

西日本で多め(地域性が大きいです)

甘くてさっぱりしている

少しカラダを冷ます要素があるので、私は夏によく使います。

 

■米味噌

東日本・東北

塩辛い・濃い・硬い

カラダを引き締める要素が多いです。塩分が多めなので、使用量には注意しましょう。

 

両方を混ぜた「合わせ味噌」もあるのでご自身のお気に入りを見つけてください。

 

Ellyが使う「レギュラー味噌」

 

 

痩せる味噌汁の作り方(ポイントは1つ)

これはNG!!

お味噌汁は沸騰させてはいけません!!

味噌は80度以上になると、発酵が止まってしまいます。

本当は最後に味噌を入れるのが好ましいのですが「具材に味が染みないのがもったいない…」と思いますよね。

ということで、私もやっている「お味噌の入れるタイミング」ご紹介しますね!

 

これでOK!お味噌を入れるタイミング

  1. 具材に軽く火が通ったら→全体量の3割~5割入れる
  2. 食べる直前に残りの味噌を入れる

これで、具材に味が染み込みやすく、発酵の恩恵もたっぷり得ることができます。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

博多名島屋 新ダ カツオ 8G X 50 パック
価格:3393円(税込、送料無料) (2022/1/16時点)

 

今日のまとめ

いかがだったでしょうか?味噌汁が美味しいと、ダイエットが進むのはまちがいありません。私は昔「タンパク質神話」にとりつかれて、お味噌汁や和食から遠ざかっていましたが」「お味噌汁を飲む」と決めてから、下記の変化を感じるようになりました。

Ellyの体感:味噌汁を飲む
  • 内臓の基礎代謝が上がった
  • お米・和食を食べるようになる
  • 冷え性がなくなった

 

体の巡りが本当によくなったと実感しました!

お味噌汁を飲むようになってから「カラダ巡りオタク」になったと言っても過言ではありません。

お味噌や出汁、具材の選び方で味の幅が広がるのも嬉しいですよね!

ぜひ、お味噌汁Life取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

「Voicy」で耳学!

本日の内容は「音声配信アプリVoicy」でもお聞きになれます!

#32 いつもの食事にプラスすると代謝が上がる食べ物